投資成績(2020年5月)→2か月連続のプラスも…

米株秘伝のタレPFで株式投資に果敢に挑戦しているひめです。

さて、2020年5月の投資成績です。

5月投資成績

ジャカジャカジャカ…ジャン!

ひめの米株秘伝のタレPFの5月は前月比+1.5%と2ヶ月連続で増加しましたが、いまをときめくグロースが入っていないためS&Pに割負け。

まあ仕方ないですね。いつか潮目が変わることを期待しつつ、ひたすらホールドです。

38個別銘柄値動き

迷いながらもホールドを決めたBA(下記記事参照)は良かったものの、WFC、USB、AFLといった金融銘柄が下げています。コロナショックを機に購入した表中オレンジ色のLW、SYYも弱い動きです。

投資成績(2020年4月)とボーイング(BA)投資判断

このうち、WFC、USBはバフェット銘柄ですので、ついバフェットは大丈夫か、と思ってしまいますが、個人的には心配していません。今はグロース全盛の時代、バリューに風向きが変わればまた伸びる。よく言われる投資格言のように「今回は違う、はない」と思っています。

なお、CHロビンソン・ワールドワイド(CHRW)の上昇の要因はよくわかっていません。マイナー銘柄だと情報が入りにくいのでやりづらいですが、下がっていないからよしとします。

6月投資方針

相場に割高感があってそんなに買いを入れないだろうと言うのは5月と同様です。とはいえ、5月はバークシャー・ハサウェイ(BRK)、J&Jスナックフーズ(JJSF)を買いましたが。

「押し目買いに押し目なし」の銘柄に押し目を入れたいと思っています。そのチャンスは2番底になって、3月のようにどの銘柄にも訪れるのか、個社要因になるのかはわかりませんが、モニタリングしていきます。

気になっている銘柄は以下のとおりです。

  • ノボ・ノルディクス(NVO)
  • ファクトセット・リサーチ・システムズ(FDS)
  • ロッキード・マーチン(LMT)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です