ひめ株ポートフォリオ(2019年1月末)&投資スタイルを初公開!

ポートフォリオの完成度は50%程度ということでこれまで公開してこなかったのですが、意を決して初めて公開します!なんかドキドキしますね。

18銘柄1投信から構成されています。紆余曲折を経て現在の姿になりました。ターゲット(TGT)やアイ・ビー・エム(IBM)を選好しているわけではありません。

投資スタイルは一言でいうと、バリュー投資 × 連続増配 × 徹底した購入時期および銘柄の分散です。大きな損をしない投資スタイルだと思っています。一つひとつ説明します。

バリュー投資

バリュー投資とは株価収益率(PER)や株価純資産倍率(PBR)等をみて割安になった株を買うスタイルのことを言います。

ひめの場合、どんなに欲しい銘柄でもPER20倍を目途として、それ以上高い銘柄は買いません。バフェットの言う安全域 (margin of safety)を確保するためです。Watchlistに入っている株価をモニタリングして、急落したら買い出動します。最近だと、アップル(AAPL)、マコーミック(MKC)を購入しました。

連続増配

18銘柄のうち、ズオラ(ZUO)を除き連続増配銘柄です。連続増配とは、株主への配当を毎年増やすことです。米国には給料の昇給率よりも高い増配率で株主に報いてくれる企業がザラにあります。

長期にわたって配当を出せるということは、それだけ事業にワイドモート(経済的な堀)があってうまくいっているということです。economic cycleを幾度も乗り越えて増配を続ける継続性がすごいの一言です。イチローの10年連続200本安打記録が称賛されるのと一緒です。ひめはここに感激して米株投資を始めました。

(´-`).。oO(従業員への昇給も十分にせず、内部留保をひたすらためまくっている日本企業と違ってなんて株主思いなんでしょう。

徹底した購入時期と銘柄の分散

これは「卵を一つのカゴに盛るな」との投資格言のとおりです。不確実性に満ちた投資の世界で専業投資家でもない自分の判断に過信は禁物です。徹底した分散を図れば判断ミスの影響を最小化できます。

こうした分散に対して以下のような反論が考えられますが、ひめはこう思います。

  • 分散を図りたいならETFを買えばいい→シンプルに面白くない。株を通じてビジネスのオーナーになるのが面白い。
  • 手数料がもったいない→時期の分散をして買う銘柄を一つ決める場合、かかる手数料は同じです。

なお、バフェットも50銘柄弱を保有しています。

まとめ

基本的に指標を重視して売買するので、再現性の高いアプローチだと思っています。読者のみなさんの参考になるような実績を残せるよう頑張ります。

関連記事です。

年始に利益警告で急落したアップルを買いました。バリュー投資を実践しています。

【アップル(AAPL)購入】アップルはディフェンシブ銘柄?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です