ホワイトデーのお返しは絶対株!ニュースになったカニエ・ウエストのクリスマスプレゼントとは?

米株投資家のひめです。

2017年のクリスマス、グラミー賞も受賞しているラッパーのカニエ・ウエストがリアリティ番組出身のスターで妻のキム・カーダシアンに株をプレゼントしたことがニュースになりました。以下の計5社の株で、総額は2,000万円を超えていた(!)と言われています。

  • ネットフリックス(NFLX)
  • アップル(AAPL)
  • アマゾン(AMZN)
  • ディズニー(DIS)
  • アディダス

このうち株数がわかってるのが、ディズニー(920株)、アディダス(995株)です。なお、アディダスはドイツ株のため、日本の主要3ネット証券では個別株の取扱いはありません。

株価変化率

2017年クリスマスからの株価変化率(2017年12月26日<アディダスのみ27日>→2019年2月21日)は以下のとおりです。

  • NFLX:+90.1%
  • AMZN:+37.6%
  • アディダス:+18.8%
  • DIS:+5.7%
  • AAPL:+0.3%
  • (参考)S&P500:+3.5%

カニエ・ウエスト、おそるべし。グロース投資家として優秀と言わざるを得ません。曲聞いたことないけど笑。

株をプレゼントに贈る未来

ひめは残念ながら株をプレゼントしてくれるイケメンに出会ったことはありません。しかし、近い将来、フィンテックによって株のプレゼントは珍しいものではなくなるかもしれません。米国では、こうした事業を手がけている会社があります。

Stockpile(同業のSpark joyを買収)です。同社はギフトカード販売のBlackhawk Network社と提携していて、25、50、100ドルといった額面が書かれたギフトカードはコカ・コーラやアップル等の株と交換できるのです。同社では1株に満たない端株の購入も可能です。

まとめ

自分では買わないけど、もらったら嬉しいプレゼントってありますよね。ホワイトデーに株を欲しがるひめみたいな株オタクは別にして、株はちょうどそういうポジションにあって、こうしたサービスは株式運用の障壁を下げるのに重要な役割を果たすと思います。

マネーフォワードとか、ウェルスナビとか、ワンタップバイとか、この株プレゼント事業を顧客の裾野を広げるためにやってみたらいかがでしょうか。Pokemon GOのポケモンみたいに手軽に株を交換したり、プレゼントできるようになったら、無批判に預金大好きな国民の目も覚め、資産形成に大いに役立つでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です